メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱マテリアル

社長が引責辞任 品質データ改ざんで

不正データ問題での会見を終え、退席する竹内章・三菱マテリアル社長=東京都文京区で2018年3月28日、根岸基弘撮影

 三菱マテリアルは11日、一連の品質データ改ざん問題の責任をとって竹内章社長が退任すると発表した。後任には小野直樹副社長が昇格する。竹内氏は代表権のない会長に就任し、企業統治強化のための指導や助言に当たる。今月22日付。

 また、香川県直島町の直島製錬所で日本工業規格(JIS)に適合しないコンクリート原料を出荷し、JIS認証の取り消し処分を受けたことに関連し、関係役員の報酬の一部返上や、直島製錬所長の更迭も発表した。

 三菱マテリアルを巡っては昨年11月に品質データ改ざん問題が発覚。子会社5社が延べ800社超の取引先に問題の製品を出荷していた。その後、三菱マテリアル本体でも品質問題があったことが明らかになっていた。【横山三加子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]