メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日大全共闘50周年

不正追及の思い不変 元メンバー集う

日大全共闘結成50周年の集いの参加者が持ち寄ったヘルメット=東京都千代田区で2018年6月10日午後0時49分、和田大典撮影

東京・千代田で「日大全共闘結成50周年の集い」

 1968年に日本大の不正追及に学生たちが立ち上がった「日大闘争」から今年で50年となるのに合わせ、日大全学共闘会議(全共闘)の元メンバーが10日、東京都千代田区で「日大全共闘結成50周年の集い」を開いた。参加者は日大アメリカンフットボール部の「悪質タックル」問題での大学側の対応と当時を重ね「大学の対応は50年前と何も変わっていない。我々も共に闘うぞと叫びたい」と学生に呼びかけた。

 日大闘争は68年、東京国税局から約20億円の脱税を摘発された巨額使途不明金問題をきっかけに起きた。学生は「日大全共闘」を結成し、校舎にバリケードを築いて封鎖した。最大のヤマ場となった同年9月の大学側との交渉では、両国の日大講堂に3万人以上の学生が集まった。大学側に改革要求のほとんどを認めさせたが、翌日、佐藤栄作首相(当時)が問題視しほごにされた。

 集いの前には、参加者らは68年5月に起き、同大初の街頭デモ「200メートルデモ」にならい千代田区内の公園から会場までの約230メートルを歩いた。「全共斗」とフェルトペンで書かれた水色や銀色など学部ごとに色分けされた当時のヘルメットをかぶって参加した人もいた。あいさつした元メンバーの森雄一さん(72)はアメフット部の「悪質タックル問題」に触れ「大学の対応を見ると50年前、俺たちが変えることができなかった闘いを思い出す。今の学生や教職員とともに、俺たちの闘いは終わっていないという思いで闘っていきたい」と話した。【堀智行】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]