メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬大

完全自動運転へ試験路 公的機関、世界最大規模

研究センターの敷地内の試験路を自動で走行するバス

 自動運転車の研究開発を進める群馬大の「次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)」が荒牧キャンパス(前橋市荒牧町4)に新設された。敷地内に実験専用の試験路や最新の開発設備を備え、より専門的な実験を展開できる環境を整えた。企業などとも連携し、2020年をめどに地域を限定した完全自動運転の実用化を目指す。【杉直樹】

 試験路は、公的な研究機関としては世界最大規模の約6000平方メートル。信号、標識、白線を自由に動か…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文787文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです