メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米戦闘機墜落

沖縄防衛局、再発防止申し入れ 操縦士救助

アメリカ軍のF15戦闘機=アメリカ軍サイトDVIDSから

 11日午前6時25分ごろ、那覇市の南の海上で、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)所属のF15戦闘機1機が訓練中に墜落した。防衛省によると、操縦士1人が緊急脱出し同7時45分ごろ、航空自衛隊那覇救難隊の救難ヘリコプターに同市の南南東約120キロの海上で救助された。防衛省沖縄防衛局は同日、嘉手納基地に対し、安全管理の徹底や再発防止を申し入れた。沖縄県は米軍側に同型機の飛行停止を口頭で求めた。

 防衛省によると、F15の乗員は1人で米軍機計7機で飛行中だった。救助された操縦士は米軍キャンプ・フォスター(沖縄市など)に搬送された。負傷しているが意識はあり命に別条はないという。周辺海域で被害の報告は入っていない。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  3. 山下達郎さん、ライブ映像を初配信へ 「再びライブができるまで違う可能性を」

  4. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

  5. 委員会出席の区議に職員がお茶出すべきか 14年余も結論出せない豊島区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです