メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
博多祇園山笠

縁起物「お汐井てぼ」作り

みこの手でひとつひとつ丁寧に仕上げられていく「お汐井てぼ」=福岡市博多区の櫛田神社で2018年6月11日、野田武撮影

 博多祇園山笠(7月1~15日)に向け、福岡市博多区の櫛田神社で11日、山笠の舁(か)き手が身を清める砂=お汐井(しおい)=を入れるかご「お汐井てぼ」などの縁起物を作る「授与品奉製」があった。

 お汐井てぼは、7月1、9日に各流の男衆が箱崎浜(東区)で砂を持ち帰る「お汐井とり」の神事で使う竹かご。期間…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文234文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです