メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

女子2部、ALSOKが2年連続4度目の優勝

男子1部、旭化成Aが3年ぶり17度目の優勝

 柔道の全日本実業団体対抗大会最終日は10日、福岡県久留米市の久留米アリーナで行われ、体重別3人制の女子2部では、2012年ロンドン五輪57キロ級覇者の松本薫(べネシード)が、銅メダルだった16年リオデジャネイロ五輪後、初めて公式戦に出場。松本は2試合ともに一本勝ちしたが、チームは準々決勝で敗れた。優勝は2年連続4度目のALSOK。

 体重無差別の5人制で争う男子1部は、旭化成Aが決勝で新日鉄住金を2-1で降した。旭化成は3年ぶり1…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文693文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです