メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

史上初 完全な非核化焦点 トランプ氏「素晴らしい関係築く」 金正恩氏「すべて克服して来た」

初の米朝首脳会談に際し、握手をするトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=シンガポールで2018年6月12日、AP

 【シンガポール高本耕太、渋江千春】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日午前9時(日本時間同10時)過ぎから、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで会談した。米朝首脳会談は史上初めて。米国が求める北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」と、北朝鮮が要求する米国による体制保証で、どこまで合意できるかが焦点となる。日本人拉致問題も議題となる見通しで、朝鮮半島を巡る情勢は大きな転換点を迎える。

 また、トランプ氏は北朝鮮に対する体制保証の第一歩として、休戦状態にある朝鮮戦争(1950~53年)の終結を宣言して自身の業績として位置付けたい考えだ。

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに429人感染 2日連続で400人超 新型コロナ

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. ORICON NEWS 石橋貴明、帝京高校9年ぶり優勝を祝福「みんなの心には永遠に負けない魂がある!」

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. コロナ患者また無断帰宅 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです