メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

非核化実現して 半島の妹、会いたい 広島で被爆の91歳、在日コリアン

被爆体験と米朝首脳会談への思いを語る姜静子さん=京都市南区で、岡崎英遠撮影

 広島での被爆体験を持つ在日コリアンの姜静子さん(91)=京都市南区=は二つの願いを史上初の米朝首脳会談に託す。一つは自分を傷つけ、結婚したばかりの夫の命を奪った核兵器の廃絶が進むこと。もう一つは、太平洋戦争中に朝鮮半島北部に渡ったまま音信不通となった3歳下の妹との再会だ。「戦争が全てを奪った。私のような人を生み出してはならない」と静かに語る。【岡崎英遠】

 東京で鉄道関係の仕事に就いていた父の後を追い、3歳の時に母に連れられて朝鮮半島から日本へと渡ってき…

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1368文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです