メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

バレエ団主宰 牧阿佐美の「飛鳥 ASUKA」 乙女の運命に母を重ね

絹谷幸二の美術で生まれ変わった「飛鳥」=2016年8月、写真家・鹿摩隆司撮影

 母・橘秋子が残した全幕の創作バレエ「飛鳥物語」を一昨年、「飛鳥 ASUKA」としてよみがえらせた。牧阿佐美バレエ団創立60周年記念シリーズの一環だ。30周年にも同作の改訂を手掛けている。「母の遺作中で最も完成度が高い作品です。国際都市だった古代の奈良が舞台であり、竜も登場するファンタジー。日本のバレエでありつつ、国際的な発信力も備えている。団の代表作として次の世代に手渡すため、すきを埋めて仕上げておきたいと考えました」

 物語は橘の創作で、聖なる舞女である春日野すがる乙女が主人公。竜神の妃(きさき)に選ばれ昇天するが、…

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2018文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです