メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

バレエ団主宰 牧阿佐美の「飛鳥 ASUKA」 乙女の運命に母を重ね

絹谷幸二の美術で生まれ変わった「飛鳥」=2016年8月、写真家・鹿摩隆司撮影

 母・橘秋子が残した全幕の創作バレエ「飛鳥物語」を一昨年、「飛鳥 ASUKA」としてよみがえらせた。牧阿佐美バレエ団創立60周年記念シリーズの一環だ。30周年にも同作の改訂を手掛けている。「母の遺作中で最も完成度が高い作品です。国際都市だった古代の奈良が舞台であり、竜も登場するファンタジー。日本のバレエでありつつ、国際的な発信力も備えている。団の代表作として次の世代に手渡すため、すきを埋めて仕上げておきたいと考えました」

 物語は橘の創作で、聖なる舞女である春日野すがる乙女が主人公。竜神の妃(きさき)に選ばれ昇天するが、…

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです