メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

JASRAC会長 創作者を応援する社会を 再任のいで「詞は心血を注いだもの」

 「北国の春」をはじめ人情味あふれる歌で知られる作詞家のいではく(76)が、日本音楽著作権協会(JASRAC)の会長に再任された。音楽教室が使う楽曲の著作権使用料の徴収や、外国映画の上映使用料の見直しなど、近年のJASRACの取り組みに、世間の反発も強い。逆風の中、協会の「顔」として2期目に入ったいでは「著作権はクリエーターにとってご飯の種。生活のためのもっとも基本的なものです」と訴える。

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1046文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  2. ロシア プーチン大統領「70年も足踏み」日本と相いれず
  3. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査
  4. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  5. ORICON NEWS “空気を読まない”コメンテーター古市憲寿、なぜ重宝? “炎上に対する無関心さ”が背景に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです