メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

JASRAC会長 創作者を応援する社会を 再任のいで「詞は心血を注いだもの」

 「北国の春」をはじめ人情味あふれる歌で知られる作詞家のいではく(76)が、日本音楽著作権協会(JASRAC)の会長に再任された。音楽教室が使う楽曲の著作権使用料の徴収や、外国映画の上映使用料の見直しなど、近年のJASRACの取り組みに、世間の反発も強い。逆風の中、協会の「顔」として2期目に入ったいでは「著作権はクリエーターにとってご飯の種。生活のためのもっとも基本的なものです」と訴える。

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1046文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです