メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

映画「ビューティフル・デイ」 リン・ラムジー監督 全て忘れ没入を

 昨年のカンヌ国際映画祭で脚本賞と男優賞を受賞したサスペンス「ビューティフル・デイ」が全国で公開されている。説明的な場面やせりふがほとんどなく、主人公の回想や夢想が前触れなく差し込まれるなど、見る者に優しい映画ではない。しかし、それが独特な雰囲気をつくり、観客の想像力を刺激する。リン・ラムジー監督は「映画は体感するもの。見る人に全てを忘れて没入してほしいと思い作った」と語る。

 主人公ジョー(ホアキン・フェニックス)は元軍人。ニューヨークで老母の世話をしながら、行方不明者の捜…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文762文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです