メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・読見しました。

何度でも立ち直る

 「いよいよだ」。とある会社の受付前にあるソファに座り、採用面接を待つ。頭をよぎるのは、今までの失敗だ。

 初めて面接を受けたのは、2カ月前。面接官が全然話を聞いてくれない圧迫面接に恐怖心を抱いた。その後は面接のことを考えただけで涙があふれるように。面接が決まってもおびえて寝ることができず寝坊したり、足がすくんで靴が履けなかったり。

 せっかく家を出て電車に乗れたのに、駅に着くと頭が混乱したことも。筆記試験で訪れた際に歩いた道を思い出せず、間に合わなかった。情けなくて道端で号泣した記憶は、今でも胸を締めつける。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです