メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6月県議会で補正予算提案せず 「復興進み」震災後初 /宮城

 県は11日、6月定例県議会で補正予算案を提出しないことを明らかにした。2011年3月の東日本大震災後は、4月の当初予算執行から間もない6月にも復興事業のため大規模な補正予算を組んできたが、提案しないのは初めて。県の担当者は「震災復興が一定程度進み、臨機応変に対応しなければならない事業が今回はなかった」と説明した。

 県によると、震災前の6月定例会では補正予算案を提出しないことが通例だった。しかし、震災後は復興事業に緊急に取り組む必要があるため補正予算を組んできた。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです