メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名張川納涼花火大会

来月28日に5000発 フィナーレ3カ所から一斉に /三重

名張川納涼花火大会のポスターと協賛箱=三重県名張市役所で、広瀬晃子撮影

 名張の夏の恒例行事「2018名張川納涼花火大会」(実行委主催)が7月28日午後7時50分から、同市新町の名張川河畔で開かれる。メインテーマは「高く! 開いてこそ花火!!」。昨年より500発多い約5000発を打ち上げる。

     今回で76回目。実行委によると、昨年の見物客は約6万5000人という。今年は「涼風のシャイン」「雷鳴轟(とどろ)く清流」「開け、夜空に!」など7テーマがあり、大型花火や速射連続花火「スターマイン」、仕掛け花火「ナイアガラ」などが楽しめる。

     フィナーレでは、3~8号玉を3カ所から一斉に打ち上げる。午後9時ごろ終了予定で、荒天時は29日に順延。

     有料観覧席は、階段席100席とパイプ椅子席600席(いずれも2000円)、2畳分で最大8人の桟敷席(2万円)10区画を用意する。7月2日から市観光協会や市内の書店「ブックスアルデ」で購入できる。パイプ椅子席は20日から「チケットぴあ」で先行販売される。駐車場は約350台(協力金500円が必要)。

     また、実行委は協賛箱を市役所や市民センターに設置し、募金への協力を呼び掛けている。チケットなど問い合わせは市観光協会(0595・63・9148)。【広瀬晃子】

    〔伊賀版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
    2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
    4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
    5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]