メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
名張川納涼花火大会

来月28日に5000発 フィナーレ3カ所から一斉に /三重

名張川納涼花火大会のポスターと協賛箱=三重県名張市役所で、広瀬晃子撮影

 名張の夏の恒例行事「2018名張川納涼花火大会」(実行委主催)が7月28日午後7時50分から、同市新町の名張川河畔で開かれる。メインテーマは「高く! 開いてこそ花火!!」。昨年より500発多い約5000発を打ち上げる。

 今回で76回目。実行委によると、昨年の見物客は約6万5000人という。今年は「涼風のシャイン」「雷鳴轟(とどろ)く清流」「開け、夜空に!」など7テーマがあり、大型花火や速射連続花火「スターマ…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです