メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名張川納涼花火大会

来月28日に5000発 フィナーレ3カ所から一斉に /三重

名張川納涼花火大会のポスターと協賛箱=三重県名張市役所で、広瀬晃子撮影

 名張の夏の恒例行事「2018名張川納涼花火大会」(実行委主催)が7月28日午後7時50分から、同市新町の名張川河畔で開かれる。メインテーマは「高く! 開いてこそ花火!!」。昨年より500発多い約5000発を打ち上げる。

 今回で76回目。実行委によると、昨年の見物客は約6万5000人という。今年は「涼風のシャイン」「雷鳴轟(とどろ)く清流」「開け、夜空に!」など7テーマがあり、大型花火や速射連続花火「スターマ…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです