メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/60 米朝首脳会談どう見る 祖国の変化、願い共通 /大阪

金正恩政権が米国とどんな交渉をしているのか、大半の国民は知らされていない。写真は鴨緑江の河原に出てきた北朝鮮住民=中国側から2017年9月撮影

 このコラムが掲載される12日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長とトランプ米国大統領の会談がシンガポールで開催される予定だ。非核化の問題だけでなく、朝鮮戦争終結宣言も検討されている。冷戦構造最後の残滓(ざんし)が消えて、軍事的な緊張は緩和されるのか。あの「漆黒の国」は開かれて、ようやく光が差し込むことになるのだろうか。当事者である北朝鮮の人と脱北者はこの歴史的会談をどう見ているのか、話を聞いた。

 韓国ソウルに暮らす金周一(キムジュイル)さん(80)=仮名=は、日本の東北地方生まれの脱北者。貧しかった青年時代に社会主義に傾倒して、大阪で在日朝鮮人運動に没頭した。革命家を夢見て1960年代に帰還事業で北朝鮮に渡った。

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀「mijica」で不正引き出し 54人の計332万円 送金機能を悪用

  2. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです