メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大和森林物語

/22 紀伊半島の探検家群像/4 大台ケ原に蝦夷見た武四郎 /奈良

 松浦武四郎といえば、幕末の蝦夷地を隈なく歩いた探検家として、また北海道の名付け親として知られる。

 だが、彼の足跡は蝦夷地だけにとどまらない。1818年に伊勢国の須川村(現松阪市)に生まれた武四郎は、16歳で初めての旅に出た。そして中部、中四国、九州、東北……と全国を歩き、その土地の山を登っている。

 紀伊半島では、若い頃に熊野三山や高野山へ登ったが、晩年に大台ケ原へ3度も登っていることは特筆すべきだろう。

 蝦夷地探検で名を挙げた武四郎は明治政府の開拓判官などの役職に就くが、政府の北海道開拓政策を批判し、…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1043文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. 「ナガシマスパーランド」ジャンボ海水プールに4万5000人 三重・桑名

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. ORICON NEWS 『サザエさん』マスオ役41年・増岡弘が卒業で感謝と惜しむ声続々「増岡マスオロスだ…」

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです