メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山データラボ

高校生85%、県外に出るが 豊かな県内生活見直しを /和歌山

 県内高校の卒業生が昨春、県外の大学や短大へ進学した割合は85・7%で全国1位でした。統計が残る1987年度以降、31年連続で1位です。県外に進学した高校生はそのまま県外で就職することが多く、県内へのUターン就職は約4割にとどまります。

 高校生はなぜ県外に出るのでしょうか。県内で働いた場合と東京や大阪など都市部で働いた場合で、暮らしにどんな違いがあるかをデータで比べてみます。

 県内の大卒初任給は19万5500円で、全国平均20万3400円を下回っています。東京(21万130…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文809文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  3. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです