メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山データラボ

高校生85%、県外に出るが 豊かな県内生活見直しを /和歌山

 県内高校の卒業生が昨春、県外の大学や短大へ進学した割合は85・7%で全国1位でした。統計が残る1987年度以降、31年連続で1位です。県外に進学した高校生はそのまま県外で就職することが多く、県内へのUターン就職は約4割にとどまります。

 高校生はなぜ県外に出るのでしょうか。県内で働いた場合と東京や大阪など都市部で働いた場合で、暮らしにどんな違いがあるかをデータで比べてみます。

 県内の大卒初任給は19万5500円で、全国平均20万3400円を下回っています。東京(21万1300円)や大阪(20万4300円)に及びません。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです