メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
論プラス

安倍政権と日大アメフット部 道徳を壊す権力者=論説委員・村田隆和/平田崇浩

日大アメフット部と森友・加計問題の類似点

弱者犠牲になる構図

 悪質なタックルが注目を集めた日本大アメリカンフットボール部。大規模な公文書の改ざんや廃棄が行われた財務省。本来、全く関連はないのに、多くの人々が両者を相似形の事件とみている。絶対権力者に支配される側が道を踏み外した点で共通するからだ。

政治は社会映す鏡

 同じ当事者でありながら、弱者と強者の違いを浮き上がらせた二つの記者会見だった。悪質なタックルをした日大選手の会見と、その翌日に急きょ行われた内田正人前監督と元コーチによる会見だ。

 選手は実戦形式の練習を外されるなど精神的に追い込まれていく過程を克明に語り、内田氏と元コーチの指示…

この記事は有料記事です。

残り2042文字(全文2317文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです