メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟・柏崎刈羽原発

再稼働なお時間 新知事も慎重姿勢

 新潟県知事選で自民、公明両党支持の前海上保安庁次長、花角英世氏が当選した。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重だった米山隆一前知事と同じく地元同意の判断には一定の時間がかかるとの立場だ。再稼働で得た収益をてこに経営再建を目指す東京電力ホールディングスの計画には依然として不透明感が漂う。

 東電は福島第1原発の廃炉について30~40年かかり、廃炉や賠償など事故対応費用は約16兆円と見積もる。経営再建には年5000億円程度の利益確保が必要だ。

 柏崎刈羽原発が再稼働すれば、火力発電で使う液化天然ガス(LNG)や石炭の使用量を減らすことができ、…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文588文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです