メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

共通テスト 英語 民間活用2割以上 国大協が配点「参考例」

 国立大学協会は、2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間資格・検定試験の配点を、英語全体の「2割以上」などとする活用例をまとめた。12日に開かれる総会に示し、正式決定される見通し。この活用例はあくまでも「参考例」で、最終判断は各大学や学部に委ねるとしている。【金秀蓮】

 国大協は昨年11月、20~23年度の4年間は受験生全員に「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測る民間試験と、マークシート式の共通テストの成績を入試に使うとする基本方針をまとめた。

 今年3月には(1)成績が一定の水準を満たしていることを出願資格とする(2)マークシート式試験の得点…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1163文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退
  4. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです