メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

紳士用の帽子 リボン柄替えカスタマイズ

[1]パナマ帽(ハビック、8424円)とリボン(3240円)

 もうすぐ父の日。贈り物を何にしようか、まだ迷っている人は帽子という選択肢もある。洋服とのコーディネートや手入れ法などを西武池袋本店(東京都豊島区)で聞いた。

 ファッションの好みの多様化に合わせ、さまざまな素材や機能、デザインの紳士用帽子が売り出されている。紳士服飾部の販売リーダー、矢野夏未さん(23)は「父の日を前に、ご家族で買いに来られるお客様もいる。洋服やTPOに合わせた帽子の選び方をお勧めしている」と話す。今回はコーディネート4例を紹介してもらった。

 矢野さんのお勧めはリゾートスタイル=写真[1]。ペーパー(紙)素材のパナマ帽に付いている華やかなリボンは、取り外し可能な「着せ替え」タイプ。着脱も簡単で、自分好みにカスタマイズできる点が魅力だ。一番人気の柄はリバティ社のプリント柄で、ほかにもチェックや無地など30種類ほどあるという。リボンを7本そろえれば、一つの帽子で1週間のコーディネートを楽しめるため、家族でリゾート地を旅する時などに便利だ。…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです