メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

大谷選手の人気を感じに

エンゼルスタジアムの正面入り口=米カリフォルニア州アナハイムで2018年6月8日、ルーベン・モナストラ撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 投打の「二刀流」、大谷翔平選手(23)が所属する米大リーグ・エンゼルス。大谷選手は現在故障者リスト入りしているが、本拠地のエンゼルスタジアムは多国籍の選手の活躍に伴い、多様化していた。

 チームカラーの赤で染まったエンゼルスタジアム。正面入り口で、大人の背丈より高いロゴ入りのミッキーマウスの人形が迎えてくれる。「こんばんは」。大谷選手が指名打者で出場した5月初旬。案内係の男性に日本語であいさつされた。さらに英語で「いま習ったばかり。日本人がたくさん来るからね」。

 日の丸を掲げ応援する日本人ファンも多いが、大谷選手は米国人にも人気がある。「彼は日本のベーブ・ルースだ。間近で見ることができてうれしいよ」。娘と観戦していた地元の白人男性(65)が言う。名前を聞くと「ピーターさん」という答え。「だって、『大谷さん』って言うだろう?」。日本式の呼び方を知っていた。

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

  4. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです