メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンゼルスタジアムの正面入り口=米カリフォルニア州アナハイムで2018年6月8日、ルーベン・モナストラ撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 投打の「二刀流」、大谷翔平選手(23)が所属する米大リーグ・エンゼルス。大谷選手は現在故障者リスト入りしているが、本拠地のエンゼルスタジアムは多国籍の選手の活躍に伴い、多様化していた。

 チームカラーの赤で染まったエンゼルスタジアム。正面入り口で、大人の背丈より高いロゴ入りのミッキーマウスの人形が迎えてくれる。「こんばんは」。大谷選手が指名打者で出場した5月初旬。案内係の男性に日本語であいさつされた。さらに英語で「いま習ったばかり。日本人がたくさん来るからね」。

 日の丸を掲げ応援する日本人ファンも多いが、大谷選手は米国人にも人気がある。「彼は日本のベーブ・ルー…

この記事は有料記事です。

残り1238文字(全文1537文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです