メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 留学生の就職を支援 「日本で」希望は6割、進まぬ採用

3月に開催された外国人向けの就職説明会=東京都新宿区で(写真の一部を修正してあります)

 企業の国際競争力強化や人手不足を補うため、外国人留学生を採用する機運が高まっている。留学生の就職を促すための大学や企業の取り組みを追った。

 ●政府目標50%、説明会も開催

 日本学生支援機構によると、2017年度の大学や短大、専門学校など高等教育機関の外国人留学生は18万8384人で、10年前に比べ約1.5倍に増えた。採用情報が解禁された3月、外国人留学生を対象にした就職説明会が東京都内で開かれた。2日間の開催で国内企業計83社がブースを出展し、約2000人が来場した。

 就職説明会に参加した早稲田大大学院アジア太平洋研究科のイブラヒム・ジャラルさん(25)=英国出身=は「英語を生かしながら、欧州と関係が深い日本で活躍したい」と話す。同説明会を主催するフォースバレー・コンシェルジュの柴崎洋平社長は「国内で就職した外国人留学生のうち、専門学校生が大きな割合を占めている。大学生や大学院生の就職を増やさなければならない」と言う。

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文1881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  2. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです