メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中根」の目・データが語る

@大学 「中根」の目・データが語る 「教育充実」公立大1位 国際教養大

教育充実度が高い公立大

 地方自治体による大学の設置や私立大が公立大化するなどして、公立大は現在、国立大より6校多い92校ある。意外に目立たない存在だが、学費も安いことから地方では人気が高い。では、教育が充実している公立大はどこか。グローバル人材の育成や大学入学後に能力を伸ばしているという観点から調査したのが英教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」の世界大学ランキング日本版だ。

 教育充実度でトップは国際教養大。同大は国際性も含め、2分野で国立大、私立大を抑え全国トップに立つ。公立大2位の会津大は先進的なコンピューター教育で有名だ。北九州市立大は市設置の公立大として規模が大きく、地域に貢献する人材育成に力を注ぐ。公立大は地域に根ざした個性的な大学が多く、もう少し注目してみたい。【大学センター長・中根正義】

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです