メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

閉ざされた扉・袴田事件52年

/上 心の拘禁、自由阻む 繰り返し「うそだ」

散歩中に「再審開始取り消し」の知らせを支援者から聞かされる袴田巌さん(左)=浜松市で11日(代表撮影)

 52年前の6月に静岡市で起きた4人殺害事件を巡って死刑判決が確定した袴田巌元被告(82)について、東京高裁は11日、裁判のやり直しを認めない逆転判断を示した。即時抗告審の波紋を追った。

 「残念な結果。良い知らせなら巌にも味わわせたかった」。高裁決定を受け、袴田さんの弁護団が東京都内で開いた報告会。二人三脚で「無実」を訴えてきた姉の秀子さん(85)は肩を落とした。自宅がある浜松市内にいた袴田さんは決定を知らされると、繰り返した。「そんなのうそなんだよ」

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 情熱大陸 「全裸監督」でブレーク 女優・森田望智に完全密着 体当たり演技で注目を浴びたヒロインの素顔に迫る

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  5. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです