メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田事件

再審認めず 東京高裁決定 要旨

 <DNA型鑑定>

 弁護人提出の犯行着衣「5点の衣類」のDNA型鑑定手法は、鑑定した筑波大教授自身が開発した新規の手法。確立した科学的手法でなく、教授以外で鑑定の成功例は報告されていない。複数の専門家から疑問が呈され有効性に重大な疑問が存在する。試料が外来DNAに汚染された可能性が低いとも言えない。

 手法に疑問がある以上、もととなるデータなどの原資料を確認する必要性が高いが、教授は消去し、保存していないと証言した。あまりに不自然。鑑定手法には原理的に問題があり、有効性が実証されておらず、結果として検出された型も、血液由来とみるには多々疑問がある。弁護人は再現実験で有効と証明できたと主張するが、教授の指導、監督…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです