メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 昨年7月の九州北部豪雨をもたらした「線状降水帯」は、梅雨前線によるものと地形によるものの二つあり、大きな被害があった福岡県朝倉市付近で合流していたとみられることが、福岡大の守田治客員教授(気象力学)の研究で判明した。二つが合わさることで記録的な豪雨になった可能性がある。福岡市で10日にあった地盤工学会の報告会で報告された。

 線状降水帯は、積乱雲が列を作り、数時間にわたりほぼ同じ場所に停滞して猛烈な雨を降らせる帯状の積乱雲…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文607文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]