メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨1年

二つの線状降水帯起因

 昨年7月の九州北部豪雨をもたらした「線状降水帯」は、梅雨前線によるものと地形によるものの二つあり、大きな被害があった福岡県朝倉市付近で合流していたとみられることが、福岡大の守田治客員教授(気象力学)の研究で判明した。二つが合わさることで記録的な豪雨になった可能性がある。福岡市で10日にあった地盤工学会の報告会で報告された。

 線状降水帯は、積乱雲が列を作り、数時間にわたりほぼ同じ場所に停滞して猛烈な雨を降らせる帯状の積乱雲群。暖かく湿った空気が継続的に流入し、前線の影響や半島部の山などの地形の影響で持ち上げられるなどし発生する。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです