メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨1年

二つの線状降水帯起因

 昨年7月の九州北部豪雨をもたらした「線状降水帯」は、梅雨前線によるものと地形によるものの二つあり、大きな被害があった福岡県朝倉市付近で合流していたとみられることが、福岡大の守田治客員教授(気象力学)の研究で判明した。二つが合わさることで記録的な豪雨になった可能性がある。福岡市で10日にあった地盤工学会の報告会で報告された。

 線状降水帯は、積乱雲が列を作り、数時間にわたりほぼ同じ場所に停滞して猛烈な雨を降らせる帯状の積乱雲…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文607文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです