メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日ロック歌手

米朝首脳へ「心わって」非核化へエール

在日コリアンでロック歌手の朴保(パク・ポー)さん=横浜市で2018年6月9日、藤井達也撮影

 史上初めての米朝首脳会談が12日、シンガポールで始まった。「友よ、明日はいい日になるよ」。核廃絶や反戦を歌い続けるロック歌手、朴保(パク・ポー)さん(63)は、韓国語で「すごく良い」を意味する曲「ノム チョア!」を作曲中だ。南北統一や朝鮮半島非核化への願いを込めて「良い一歩になるよう、エールを送りたい」と言う。

 韓国から日本に渡った父と日本人の母の間に生まれ、静岡で育った。母の姓「広瀬」を名乗ったが、「朝鮮人…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文894文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. つくば駅 「クレオ」専門店全8店、営業継続断念 閉鎖へ
  2. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  3. 特集ワイド この国はどこへ行こうとしているのか 平成最後の夏に… 俳優・鈴木瑞穂さん
  4. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです