メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電

再建、依然不透明 新潟知事、再稼働に慎重路線続く

新潟県知事選で花角英世氏が当選

 新潟県知事選で自民、公明両党支持の前海上保安庁次長、花角英世氏が当選した。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重だった米山隆一前知事と同じく、地元同意の判断には一定の時間がかかるとの立場だ。再稼働で得た収益をてこに経営再建を目指す東京電力ホールディングスの計画には依然として不透明感が漂う。

 東電は福島第1原発の廃炉について30~40年かかり、廃炉や賠償など事故対応費用は約16兆円と見積も…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文601文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです