メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫多数飼育被害

飼い主を強制退去、猫さらに3匹保護 

名古屋市動物愛護センターに保護された猫=名古屋市千種区で2018年6月9日、山田一晶撮影

 名古屋市北区の市営住宅で多数の猫が飼育され、悪臭被害などが起きていた問題で、市は11日、住んでいた40代の女性を強制退去させた。裁判所職員が立ち会い、女性は身の回り品の一部を持って家を出た。

     市営住宅はペット禁止だが女性は昨年2月、飼っていた猫を連れて入居。直後から「異臭がする」「鳴き声がうるさい」などの苦情が相次いだ。市は指導を続けたが女性が聞き入れなかったため、退去を求めて名古屋地裁に提訴。3月に市の主張を認める判決が確定し、この日が退去期限だった。

     女性も立ち会っての執行手続きは午前10時から1時間15分で終了した。途中、室内から新たに3匹の猫(雄2匹、雌1匹)が見つかったため、市動物愛護センターが保護した。センターはこの日までに42匹を収容していたが、3匹は室内に隠れていたらしい。さらに猫がいる場合に備え、餌を入れた捕獲器が室内に設置された。

     また市は室内の様子を報道陣に公開した。1階にある3DKの部屋は強烈なアンモニア臭が充満していた。外から見られないように厚いカーテンが窓にかかっており、空になった猫の餌袋、段ボール、雑誌などがじっとりぬれたまま足の踏み場もないほど散乱していた。【山田一晶】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 「首相と関係、一切ない」沈黙破った理事長
    2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]