メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャンシャン1歳

経済効果沸く上野 でも来年お別れ?

「誕生日プレゼント」として新たに設置されたハンモックで遊ぶシャンシャン=東京都台東区の上野動物園で2018年6月11日午前9時56分、藤井達也撮影

 シャンシャン人気で上野動物園は昨年度、6年ぶりに入園者数が400万人を突破した。だが、シャンシャンは協定により2歳になれば中国へ帰る見通しだ。東京都は来年度にも次の赤ちゃんが期待できる両親の貸与延長を中国側に働きかける。

 園の昨年度の入園者は450万人で前年度より65万人増えた。400万人超えは父リーリーと母シンシンの一般公開が始まった2011年度の471万人以来。シャンシャン誕生による都内の経済効果は年間約267億円との試算もある。上野駅近くのアメ横商店街ではデパートの壁に「…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです