メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袴田事件再審認めず

弁護団「結論ありき」姉「次に進む」

袴田巌さんの再審が認められず、記者会見で話す姉の秀子さん。奥は西嶋勝彦弁護団長=東京都千代田区2018年6月11日宮間俊樹撮影

 一度は近付いたかに見えた再審への扉は、再び遠のいてしまった。1966年の「袴田事件」で、死刑が確定していた袴田巌元被告(82)。その再審開始を認めた静岡地裁の判断を覆した11日の東京高裁決定に、無実を信じてきた弁護団や支援者からは「残念だ」「許せない」などと落胆や怒りの声が相次いだ。

支援者、落胆と怒り

 「不当決定」。11日午後1時半過ぎ、東京・霞が関の東京高裁の正門前。女性弁護士が高裁決定を知らせる紙を掲げると、袴田さんの姉秀子さん(85)は「次に向かって進みます」と険しい表情を見せた。

 午後3時過ぎに始まった弁護団報告会でも高裁決定への批判が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1139文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです