メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ地震

8割が避難発令検討 被害予想自治体調査

南海トラフ巨大地震の想定震源域

 国の中央防災会議の作業部会は11日、南海トラフ地震で大きな被害が予想される約700市町村へのアンケート結果を公表した。気象庁から発生可能性が高まっていることを示す「臨時情報」が発表された段階で、8割近くの自治体が避難勧告などの発令を検討する必要があると回答した。

 ただ「予測の精度が高くない情報で、避難の判断をすることは困難」との声も寄せられた。このため作業部会は臨時情報が出された場合の住民避難について、年内に基本的な考え方を示す方針。

 内閣府防災担当が3月、揺れや津波で被害が予想される「防災対策推進地域」の707市町村(29都府県)…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです