がん細胞

赤い光で死滅 薬剤、遺伝子狙い撃ち 甲南大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
光によるがん細胞死滅の仕組み
光によるがん細胞死滅の仕組み

 赤い光で化学反応を起こす薬剤をがん細胞に取り込ませ、がん遺伝子の一つ「N(エヌ)RAS(ラス)」を狙い撃ちにする実験に成功したと、甲南大(神戸市)の研究グループが11日発表した。がんの増殖に関わるNRASたんぱく質が大幅に減少し、ほとんどのがん細胞が死滅したという。論文は同日、英オンライン科学誌「ネイチャーコミュニケーションズ」に掲載された。

 研究グループは、NRASたんぱく質の設計図となるメッセンジャーRNA(mRNA)という分子が「四重らせん」と呼ばれる特殊な構造を持ち、赤い光で反応する薬剤「ZnAPC」が結合することを突き止めた。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文526文字)

あわせて読みたい

注目の特集