メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
クールビズ反対

ネクタイ産地が動画製作 富士吉田商議所

 山梨県富士吉田市の富士吉田商工会議所(堀内光一郎会頭)が伝統産業である織物業をPRするユニークな動画を製作した。山梨はネクタイの生産が日本一。しかし、初夏から秋にかけて軽装を促す「クールビズ」を取り入れている官公庁や企業が増えていることから、PR動画で「クールビズ反対」を訴えている。

     富士吉田市のキャッチフレーズは「織物と観光のまち」。しかし織物はアジアの新興国の台頭などで最盛期の3分の1以下まで生産が減り、観光面でも湖を持つ富士河口湖町や山中湖村への「通過都市」になりがちだ。

     同商工会議所はこうした現状を打破するため「なんだかスゴイが、なにかが惜しい!」をコンセプトに一癖あるPR動画を製作した。

     「織物編」は若い男性2人がネクタイを締めるシーンから始まる。男性同士の「年がら年中クールビズに」「賛成、賛成」の会話の後、子どもたちの「断固反対! クールビズ」の掛け声声と表示。そして、活気あるネクタイ生産工程映像とともに「ネクタイ生産日本一、吉田の織物」とPRしている。

     ネクタイ産業を所管する市商工振興課職員は、クールビズ開始後も夏物のネクタイを着用して業務にあたっている。市内には夏用のネクタイを製造する2社があり、同課では「富士吉田では涼しい夏物のネクタイも作っています」とPRする。

     動画は(https://fujiyoshida-brand.com/pr2018/)で公開している。【小田切敏雄】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 地震 大阪府北部で震度6弱
    3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]