メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『科学のミカタ』『一緒に冒険をする』

◆『科学のミカタ』元村有希子・著(毎日新聞出版/税別1500円)

◆『一緒に冒険をする』西村佳哲(よしあき)・著(弘文堂/税別1800円)

 テレビのニュースは大抵うんざりするものばかりで、朝からそんな気分になるのも嫌なので、朝のニュースはほとんど見ない。よっぽどの危機が迫っている状況だったら、町のサイレンや放送で知らせてくれるだろう、と呑気(のんき)なものだ(しかし町の放送は、反響してほぼ聞き取ることができない!)。おまけに新聞は朝刊しか取っていないし、新聞を取りに行くのは夕方だったりして、私の目にする世の中のニュースはもはやすべてオールドになっている。世の中が騒然となっている事件や出来事をまったく知らず、友人たちの間でそんな話題がでると、「え、何それ」と臆面もなく質問し、呆(あき)れられながらも説明してもらい、世間からだいぶ遅れて驚愕(きょうがく)したり憤ったりする。それでも、特に困ったことはないから、そんな日常に感謝だ。

 会社に出勤したり、家族が顔を合わせたりすれば、世の中のニュースやちょっとした出来事が話題にのぼることもあるだろう。しかしほとんど誰にも会わない日も少なくない私のような者は、ボーっとしていればボーっとしているだけ世間に疎くなる。誰とも口をきかない日なんてざらで、顔の筋肉がなまるいっぽうだ。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「高熱でも宿泊拒否できない」旅館業法 GoToは大丈夫か ホテル苦慮

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです