メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『傍流の記者』『星空の蝉』ほか

今週の新刊

◆『傍流の記者』本城雅人・著(新潮社/税別1600円)

 昭和30年代、島田一男『事件記者』が、ドラマにも映画にもなり人気だった。勇気と誇りをもって事件を追う新聞記者は、花形の職業だったのだ。信念に生きることができた、幸せな時代であった。

 その頃に比べれば、新聞というメディアに影が差し、本城雅人『傍流の記者』に見るように、記者たちの人生も苦渋に満ちている。全国紙大手の新聞社に、1998年入社の優秀な5人の記者。抜きつ抜かれつの報道合戦に立ち向かう彼らの姿を全6話で描く。

 かつてのエース級が中間管理職となり、部下を動かす立場に。保身しかない上司との確執、去っていく部下。…

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文1816文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです