メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『日本のヤバい女の子』はらだ有彩・著

遠い昔の女の子と連帯し現代の抑圧をはね飛ばす

◆『日本のヤバい女の子』はらだ有彩(ありさ)・著(柏書房/税別1400円)

 先日、仕事が忙しすぎてグッタリしている女性に「天地創造した神が7日目じゃなくて3日目に一旦休めば、だいぶ楽に働けたのにね」と適当なことを言うと、目をキラキラさせて「その通り!」と返してきた。笑い話のつもりで話した自分の姿勢を恥じる。神は、「このまま創造していると疲れる」と3日目に休むべきだったのだ。

 昔話に出てくる「ヤバい女の子」たちを現代に招き出し、その気持ちわかる、もっと怒っちゃえよ、マジでイ…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文953文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです