メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『小林カツ代のきょうも食べたいおかず』小林カツ代・著

◆『小林カツ代のきょうも食べたいおかず』小林カツ代・著(河出文庫/税別640円)

 私は、台所黎明(れいめい)期を、小林カツ代さんのレシピには親しまずに過ごしてきてしまった。それは世代のせいだろうと解釈していたけれど、ひとつ年下の友達は、ずいぶんカツ代レシピの薫陶を受けてきたと言うので、10代のときに置かれていた環境の違いなのだと分かる。無念。

 『小林カツ代のきょうも食べたいおかず』は「ラジオや料理教室、講演会での料理の作り方に関する語りの部分を文章化した本」とのことで、文中にはオノマトペが頻出する。炒めものをしようというとき「フライパンか中華鍋にごま油をピャーッとやります。ピャーッ、っていうのはね、誰の呼吸でもだいたい大さじ1なの」などと。カツ代さんは大阪の出身だそうで、それで納得する。傾向として、西日本をルーツに持つ人は喋(しゃべ)…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです