メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

EU境界越えた牝牛、マッカートニーさんらの陳情で殺処分免れる

 6月11日、先月ブルガリアから欧州連合(EU)非加盟の隣国セルビアに迷い混み、2週間後にブルガリアに戻った5歳の牝牛「ペンカ」について、ブルガリア政府は国際的な陳情を受けて、予定していた殺処分を撤回することに同意した。写真はロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

 [ソフィア 11日 ロイター] - 先月ブルガリアから欧州連合(EU)非加盟の隣国セルビアに迷い混み、2週間後にブルガリアに戻った5歳の牝牛「ペンカ」について、ブルガリア政府は11日、国際的な陳情を受けて、予定していた殺処分を撤回することに同意した。

     ブルガリア当局は、EUに入る動物は健康証明の書面を必要とするとの指針に抵触したとして、ペンカの処分が必要と決定していた。

     これに対してソーシャルメディアで抗議が続出し、特に英国では、「ペンカ」は欧州議会の官僚主義の犠牲者との論評が散見された。

     元ビートルズのポール・マッカートニーさんなど動物の権利を擁護する活動家らは、ブルガリア政府にペンカの救済を求める陳情に署名した。

     ブルガリアの食品安全当局は決定の見直しに同意、11日に、検査の結果ペンカの健康が証明されたと発表した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
    2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
    3. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
    4. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
    5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです