メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイオリン・正戸里佳

挑む30代へ、祈りを胸に 先月デビュー盤

「ベートーベンは理想に向かって突き進むようにして芸術性を構築する。全10曲それぞれの魅力がより伝わるような演奏をしたい」と話す正戸里佳=大阪市北区で、木葉健二撮影

 パリを拠点にするバイオリニストの正戸里佳が5月にデビュー盤「パリのバイオリン・ソナタ集」(キングレコード)を発表し、日本での演奏活動を本格化させている。2006年、17歳で難関のパガニーニ国際コンクール第3位となり、09年に渡仏した。「フランスで学んだ10年間にコンサートで弾く心構えを身につけ、音楽で表現したいものが深まった」と語る。

 名刺代わりとなるデビュー盤には、ドビュッシーとラベル、プーランクという仏を代表する作曲家のバイオリ…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1203文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです