メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スケッチ

虚か実か、写された「北朝鮮」

劇団「地点」の劇場で写真展を開いているベク・スンウ。 手にするのは「Blow UP」シリーズの1点=清水有香撮影

 ソウルを拠点に活動するアーティスト、ベク・スンウ(44)の個展が京都市左京区のアンダースローで開催中だ。「今や誰もが写真家になれる時代。僕の写真は真実を語るのではなく、写真で写真を疑う作品だと思っています」と語るベク。北朝鮮で撮影された数々のカットには、自らの視点で加工したものや誰かの手による古い写真も含まれ、現実と虚構のあいまいな境界をあらわにする。

 劇団「地点」と出版社「赤々舎(あかあかしゃ)」による企画。会場は「地点」の稽古(けいこ)場兼劇場で…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文996文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. ボーイング747 ジャンボの愛称で親しまれた大型機
  4. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  5. トランプ氏 派手に見えて堅実? 専用ジェットに見る横顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです