メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

大正・昭和、匂い立つ美人たち 神戸ファッション美術館

 印刷技術の革新や出版文化の成熟などを背景に、豊かな大衆文化が花開いた大正時代。昭和期にかけて竹久夢二や高畠華宵(かしょう)、中原淳一らが挿絵画家として活躍し、雑誌や絵はがきなどの商業美術が広く浸透した。神戸ファッション美術館(神戸市東灘区)で開催中の「大正ロマン昭和モダン」展は、浮世絵研究家・中右瑛(なかうえい)さんのコレクションから当時を代表する画家たちの挿絵や版画など約200点を展示している。

 夢二が描く細身で哀愁を帯びた美人画は「夢二式」といわれ、大正期にはハイカラの象徴として人気を博した…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです