メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 飯舘で学校給食再開 生徒らできたて味わう /福島

 東京電力福島第1原発事故後、避難先で授業を続け今年4月に地元で再開した飯舘村立飯舘中学校で11日、給食センターが再開した。同校の校舎で合同授業を受ける飯舘中学校と村内の3小学校の児童や生徒ら約70人が、学校再開後初めて、自校で作られた給食を食べた。

     原発事故後、福島市や川俣町の仮設校舎で授業を続けてきた村内の小中学校は、福島市飯野町の仮設給食センターで調理された給食を提供してきた。4月の学校再開後は、学校が考案した献立をもとに、南相馬市の業者が弁当を作ってきた。今後はできたての給食を提供できるほか、子どもにより食べやすい味付けが可能になる。

     給食センターで使う食材は、センター内で放射性物質検査を行い安全性を確認する。同村教委教育課の担当者によると現在、村産の食材は流通量が少ないために使用していないが、将来的には保護者らと協議しながら使用を検討する。

     この日の献立はポークカレー、和風サラダ、福神漬けと生パイン。カレーとサラダをそれぞれ2回おかわりした飯樋小2年の渡辺凜空(りく)さん(7)は「おいしい。あしたもおかわりできたらいい」と満足そうだった。【寺町六花】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
    5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]