袴田事件

県弁護士会が高裁決定批判 県庁で会見 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1966年に静岡市で起きた「袴田事件」で死刑が確定し2014年の静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(82)の第2次再審請求審で、11日に東京高裁が再審を取り消す決定をしたことについて、県弁護士会の大多和暁会長らが12日、静岡市葵区の県庁で記者会見した。

 大多和会長は「『疑わしきは被告人の利益…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文270文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集