自費出版

実は「お母さんは忍者」だったのです 川口さん、子に語って聞かせた物語 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自費出版した「お母さんは忍者」を手にする川口真理さん=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影
自費出版した「お母さんは忍者」を手にする川口真理さん=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 県立上野高校国語科講師で、名張市の川口真理さん(65)が子ども向け読み物「お母さんは忍者」を自費出版した。いずれも今は30代の長男と長女が小学生だった20年以上前に語って聞かせた創作物語をA5判47ページの本にした。川口さんは「はらはらする展開です。読んでわくわくドキドキしてほしい」と話している。【大西康裕】

 物語は父母と幼い兄妹がいる一家に黒づくめの男とアンドロイド(人造人間)が押し入る緊迫の場面で幕を開ける。両親と兄が防戦する間に妹がさらわれたが、実は母は忍者で装束を身にまとって活躍するストーリー。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文631文字)

あわせて読みたい

注目の特集