メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
栗東の水銀殺人未遂

被告、起訴内容認める 検察側「完全犯罪狙った」 地裁初公判 /滋賀

 栗東市で昨年6月、知人男性に水銀入りの加熱式たばこを吸わせて殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた大津市の設備業、宮脇貴史被告(37)の裁判員裁判の初公判が12日、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)であった。宮脇被告は起訴内容を認めた。

     起訴状によると、宮脇被告は昨年6月3日、栗東市内の路上に止めた車内で、水銀入りの加熱式たばこ1箱(カートリッジ20本入り)を知人男性(37)に手渡し、異変に気づく翌日までに14本を吸わせ、殺害しようとしたとしている。男性は全治不明の味覚障害を負った。

     検察側は冒頭陳述で、宮脇被告は自身が経営する携帯電話修理会社の従業員だった男性と、給与の未払いを巡りトラブルとなり、不満を募らせていたと指摘。「水銀入りのたばこを喫煙すれば、男性が毒性の強い煙を吸い込み、死ぬ危険性があると認識しており、完全犯罪を狙った計画的犯行だった」と主張した。

     一方、弁護側は「事件の3日前、男性が宮脇被告の手足を結束バンドで縛り、口をガムテープで封じて脅迫したことなどが犯行につながった」と述べ、執行猶予付きの判決を求めた。【小西雄介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 地震 大阪府北部で震度6弱
    3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]