連携協定

芦生の貴重な植物を守れ 府立植物園と京大、きょう締結 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 南丹市美山町の京都大芦生研究林(4185ヘクタール)に自生する絶滅危惧植物などの保全に力を合わせていこうと、府立植物園(京都市左京区)と京大が13日に「植物多様性保全に関する教育及び研究の連携に関する協定」を結ぶ。植物園での締結式で山極寿一学長と西脇隆俊知事が協定書に署名する。

 協定は絶滅危惧植物の保全▽植物園で栽培されている植物の維持・管…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集