メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

干しなまこ

気軽に 舞鶴発・高級食材、ランチに 深いうまみ楽しんで 市、ブランド化目指す /京都

ちらしずしやあえ物、鉄板焼きの干しなまこが入った御膳メニュー=京都府舞鶴市役所で、鈴木健太郎撮影

 舞鶴発の食の地域ブランドとして「干しなまこ」料理を提供している舞鶴市内のホテル・日本料理店計4店がこのほど、昼食メニューにも干しなまこを登場させた。「舞鶴干しなまこ御膳」と銘打ち、柔らかく深い味わいを引き立てる料理の組み合わせで、より気軽に干しなまこを楽しんでもらう。【鈴木健太郎】

 府内のなまこの半分は舞鶴市に水揚げされており、市内の飲食店ではこれまで生のまま主に提供されていた。生とは違う深いうまみの干しなまこが中国料理の…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊藤園 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
  2. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  3. ファミマ わさびが潜む「ロシアンルーレット」パン発売
  4. KYB 不正装置の建物名70件を公表
  5. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです