メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

干しなまこ

気軽に 舞鶴発・高級食材、ランチに 深いうまみ楽しんで 市、ブランド化目指す /京都

ちらしずしやあえ物、鉄板焼きの干しなまこが入った御膳メニュー=京都府舞鶴市役所で、鈴木健太郎撮影

 舞鶴発の食の地域ブランドとして「干しなまこ」料理を提供している舞鶴市内のホテル・日本料理店計4店がこのほど、昼食メニューにも干しなまこを登場させた。「舞鶴干しなまこ御膳」と銘打ち、柔らかく深い味わいを引き立てる料理の組み合わせで、より気軽に干しなまこを楽しんでもらう。【鈴木健太郎】

 府内のなまこの半分は舞鶴市に水揚げされており、市内の飲食店ではこれまで生のまま主に提供されていた。生とは違う深いうまみの干しなまこが中国料理の…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです