人工光合成研究センター

「人工光合成 実用化を」 市大センターが講演会 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人工光合成研究センターの5年間の活動報告をする天尾豊所長=大阪市住吉区で、松本光樹撮影
人工光合成研究センターの5年間の活動報告をする天尾豊所長=大阪市住吉区で、松本光樹撮影

 大阪市立大の人工光合成研究センターの設立5周年にあたり、同大学(住吉区)で12日、記念講演会が開かれた。研究者や学生ら約100人が参加。天尾豊所長は「応用ばかりでは勢いは止まってしまう。力強い基礎研究の土台をつくり、実証、実用化につなげたい」と話した。

 同センターは、2013年6月に開所。人工光合成を使って、二酸化炭素と水から、車や発電の燃料…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

あわせて読みたい

注目の特集